断熱・保温工事 省エネに効果的、火災の安全確保。

断熱・保温工事

義務付けられている重要度の高い工事や、省エネ・結露対策にも効果的な、万が一の事態に備えた大切な工事です。

断熱工事は、消防法で義務付けられている重要度の高いもの工事です。また保温工事は「冷たいものを冷たいまま、熱いものを熱いまま」運べるようにする“熱を保つための工事”で水道管や給湯管などの生活配管、暖かい空気や涼しい空気を送る空調用ダクトなどを「保温材」で包みます。
例えばビルなどでは、冷房の冷たい空気は空調ダクトを通って各箇所に送られます。その際に「空気の冷たさ」を保てなければ、遠いところでは「冷房の効きが悪い」ということになります。このように、保温工事は「機器の働きを最大限発揮させる」ために必要不可欠なものなのです。結露を防ぐなどの役目があり、あらゆる建築物に施工されています。

断熱効果の試算例 JIS9501

断熱・保温工事

ダミー

断熱材

断熱材は冷房・暖房のエネルギー効率を高めるために建物で使用されるだけではなく、熱伝導を遅くするのが重要なストーブ・冷蔵庫・冷凍庫・湯沸かし器等の器具の筐体部分、および多くの工業的な応用にも使用されます...
Page Top